ピアノを10年続けることの重み

昨日は発表会見学。


いや~! 楽しい発表会でした!!



こんにちは。


市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。


下総中山から9分、本八幡からも15分です。



昨日は、前々から「レッスンできないんです!」と宣言していた日。


部活小・中学生、大人のワンレッスンの方など、いろいろな方に、ごめんなさいねぇ、と言って、


空けていた日でした。



そして、はるばる、埼玉県与野市へ。



埼玉県川口市でピアノとエレクトーンの音楽教室を主宰している清水南妃先生のお教室の発表会へ、行ってきました。



清水先生とは、故ますこしょうこ先生が主催されていた継続セミナーでご一緒して

(今年度も、ですが)、


以来、お付き合いさせていただいています。



お互いに、得意分野は「まったく!」違っていて・・・


彼女は、「ピアノとエレクトーン推し」で、ポピュラー音楽はお得意!


わたしは、「ド・クラシック音大出身」(➡わたしの出身大学・・・)で、クラシック推し!



若いころに出会っていたら、お互いに引き合わなかっただろうなと思うタイプのお方です(笑)。



でも、共通するのが、まん中に「ピアノ教室」がある、ということ。



だからこそ、勉強になることも、尊敬するしかないことも、あるわけです。



2年に1度の発表会の、2年前にも、別の会場で観せていただいたのですが、


そのときの子どもたちが、ちゃんと2年分以上の成長を遂げつつ、

そのときの印象そのままに、個性を発揮していたことを目の当たりにできて、


よそのお教室の生徒さんながら、嬉しかったです。



今回の発表会は、2台ピアノと2台のエレクトーン、そして円形会場という、


カッコよすぎるセッティング。


子どもたちも、ご家族も、さぞワクワクしただろうと思います。




生徒さん同士のアンサンブルや、先生と生徒さん…などなど、


様々なコラボを聴くことができました。



始める前にお互いに息を合わせようとしたり、


終わった後ににっこり顔を見合わせたり、といった姿も見られました。



合わせの練習をするって、時間的にも難しかったでしょうし、


最初からうまくいくわけもなく、大変だったはず。


それがあったからこその、演奏後のにっこりだったのだと思います。



そしてラストは、観客も巻き込んで、

東京スカパラダイスオーケストラの代表作「パラダイス ハズ ノー ボーダー」(音楽に国境はない)の大合奏!



2年前の発表会で、ふんわりとケンハモを登場させていたのが、


今回は全員がケンハモで(お姉さんたちはエレクトーンやピアノで参加していました)

1つの曲を演奏するという形に昇華したのが、感慨深かったです。


わたしたち応援団も、思い思いにマラカスを持ち寄って参加しました。


楽しかったです!



そしてここでも、我がノア音楽教室音楽祭(NMF)(9月に開催した大発表会のコト)で素晴らしいステマネをしてくださった片山先生が、


裏方に、ケンハモのソロに、大活躍して、超カッコよかったです!




清水先生の発表会では、ピアノを継続している生徒さんを表彰しています。



忙しい今の子どもたちの生活の中で、5年間でもピアノを継続することは、大変なことだと思います。



でも、5年、10年と続けた生徒さんの演奏を聴いて・・・思ったのは・・・。



スタートが、年少さんだった子も、小学生だった子もいるはずだけど、


それだけの年月、いろいろありながらも「継続した」ということの成果を十二分に感じました。



10年組の生徒さんたちの演奏は、さすがの演奏!


落ち着きっぷりも、素晴らしかったです!!



継続した者にしか見えない・感じることのできない地平を見ることができていること、


演奏からも伝わってきました。



清水先生が、最後におっしゃっていました。


以下、わたしの想いもしっかり入ってしまい、全然違う内容かもしれませんが(笑)、

まとめます。



「ピアノを継続するということは、やっぱり大変だと思いますが・・・


だんだん、この曲が弾きたい、と世界が広がってゆきます。


でも、本当に世界が拡がってゆくのは、中学生・高校生になってから。


生活の範囲も拡がり、聴く音楽の幅も拡がってくるころです。


この曲を弾きたい! だけでなくて、


ここにはどんな楽器が使われているかな?


どうやったらこの音が出るかな?・・・など、


「聴き方」が変わってきます。


練習しない子を見ているのは、おうちの方もイライラすることもあるかと思いますが・・・


とにかく継続すること です」



ノア音楽教室の生徒さんでも、ピアノを始めてから10年経ったのでは? という生徒さんがいます


(小学5年生くらいのときに、他教室から移ってきた子なので、ピアノ歴の最初からは関わっていません)。


彼女のことを考えながら、お話を聞いていました。



長くなりました。


またあらためますね。



ノア音楽教室へのお問い合わせは下記からどうぞ。
090-2650-5470
fumi_music_succ@yahoo.co.jp


市川市鬼越1-9-5
(京成鬼越駅より 徒歩2分、
総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、
総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)




こどものピアノコースご紹介ムービーです。


お問合せ用のラインがあります。

ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。

また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。

(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)

ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、

あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。


↓こちらです!

ノア音楽教室【子どものピアノコース】

千葉県市川市鬼越駅すぐ! このブログでは、主に子どものピアノ・コースのご紹介をしています。 メインホームページは、こちらです。 http://www.noa-piano.com 大人のピアノコース、コントラバスコースもあります。