原典版と比べて弾いてみる

こんにちは。

市川市鬼越2分のピアノ教室 ノア音楽教室です。


下総中山から9分、本八幡からも15分です。



このところ、連日お問合せをいただきます。


お役に立てればうれしいです。


空き時間についてお問合せの方には、個別にお返事しておりますが、


お返事のタイミングによっては他の方の枠になってしまうこともありますので、ご了承ください。



さて。


高校生のピアノの生徒さん、モーツァルトの変奏曲を弾くことになりました。



「トルコ行進曲」が第3楽章のピアノソナタの、第1楽章です。



高校生ですから、模試やら普段の勉強やら、きっとその他もいろいろで、

それほどたくさん新曲を弾いてはきません。💦


それでも、テーマ(主題)は弾いてきたというので、まずは弾いてもらいました。


さて、ここからが、彼女とだからできるレッスン。



わたしが持っている楽譜は、「2014年発見の自筆譜に基づく原典版」。


彼女が持っているのは、お母さまが使っていた、「ソナチネアルバム」に載っているもの。


わたしもその昔、きっと同じ版でこの曲を弾きました。



彼女とは、以前にソナチネアルバムでも、「原典版に基づく」という版を買ってもらって、


古典派らしいアーティキュレーション(スラーとかスタカートとか)を学んだことがあります。


原典版と昭和の版とでは、スラーのかかり方が違っていて、

そこから生まれる音楽が、まったく違うのが面白く、

昭和の校訂が施された版で育ったわたしとしてはショッキングでさえありました。



でも、大人になった今、両者を弾き比べると、


その時代の作品らしい演奏になるのは明らかに原典版だとわかります。




さて、先日のモーツァルトのレッスンに話は戻ります。



昔日本で出版されていた版(「ソナタアルバム」に入っている)と


(↑ これは私が子ども時代にレッスンを受けた楽譜。
昔の書き込みがあり、見にくくてすみません)



↓ こちらは「自筆譜に基づく版」。



スラーのかかっているところが、違います。


レッスンでは、あらためて、彼女の楽譜で前半部分を弾いてから、

「自筆譜に基づく版」でも弾いてもらい、比べてみました。


「自筆譜に基づく版」を見ていると、この曲の推進力となるリズムが立ち昇ってくるように思います


(レッスンの後、解説を読んだところ、これに書かれているスラーは、

モーツァルトが長けていたヴァイオリンの弓遣いを意識したものとのこと。

なるほど!! ますますはっきりと、表情を感じ取ることができます)。


スタッカートも、違います


(主題に関しては、ついている場所は同じで記号が違う)。


スタッカートをどう弾くか、「自筆譜に基づく版」ではあらためて大事に弾きたいと思わせられます。



この主題は、和音の進行で主にできていて、優雅な雰囲気を醸していますが、

中間部に2小節だけ、2声部になるところがあります。


ここだけ、モーツァルトの時代らしいというか、古典派らしい伴奏型となっています。


このあと、第1変奏曲から、モーツァルト節が展開されてゆきます。


第1変奏は、倚音という非和声音
(ざっくり簡単に言うと、おしゃれで本来のメロディーの前に付けられた音…って言ったらいいでしょうか)

と左の和音の後うちのおかげで、

斬新に変奏された感じがするけれど、

実はあまり主題から離れてはいないみたいね…

なんて、予告をして、終わりました。


(そして今また私ひとり、楽譜を見比べていて、

スラーのかかり方で音楽が全く違うこと、

かつて昭和の楽譜で弾いていたときはそのせいで音楽を誤解していたことに気づかされて、

またまたショックを受けています!!)


この続き、またМさんとのレッスンで楽しんで紐解いていきたいと思います。




こどものピアノコースご紹介ムービーです。



ライン@始めました。

ご登録いただけると、ノア音楽教室からのお知らせがときどき届きます。

また、1対1のトークができますので、レッスンや教室についてのご質問やお問合せなど、お気軽にどうぞ。

(在籍生徒さん用のライン@は別途あります)

ラインの「友だち」から「@hwi6740a」を検索するか、

あるいは下の緑色のボタンから登録してくださいね。


↓こちらです!


ノア音楽教室へのお問い合わせは下記からもどうぞ。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp


市川市鬼越1-9-5

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)


ホームページは、こちらです。 ↓

https://www.noa-piano.com


ノア音楽教室【子どものピアノコース】

千葉県市川市鬼越駅すぐ! このブログでは、主に子どものピアノ・コースのご紹介をしています。 メインホームページは、こちらです。 http://www.noa-piano.com 大人のピアノコース、コントラバスコースもあります。