ピアノを練習できないときはどうしたらいいでしょうか?

こんにちは。

市川市 ピアノ教室 ノア音楽教室です。


先日、子どものピアノの生徒さんのお母さまからご質問がありました。


「ピアノの練習ができない日は、どうしたらいいでしょうか?」


旅行でピアノがないとき、お出かけでピアノを弾けないとき、ピアノの練習はもうできないっていうことになりますか?


と。



「毎日はピアノを弾いてないよ?」 という生徒さんもいる一方、

なんと素晴らしい姿勢!^^



ピアノを始めて、まだ数か月。

「むずかしぃ~!」って言いながらも、とても楽しそうにピアノに向かっている、やる気満々の小学生です。



ピアノの先生としてのわたしの姿勢は、「何が何でも毎日ピアノは1時間弾くこと!」とかいうものではありません。


まぁ、私自身が子どもの頃は、やるのが当たり前と思っていましたけれども、


忙しい今の子どもたち。


昔の子どもよりも、「毎日」ということが難しいように感じています。



でもね、毎日ピアノに向かえるなら、それにこしたことはない!


ピアノは、芸事ともいわれる習い事。


コツコツ、日々の積み重ねこそが、のちに花開きます。



練習はね、裏切らないから。



ピアノに向かうことができない日は、楽譜を読んでみてください。


新しい曲なら、もちろん譜読みができます。


いつも弾いている曲でも、いえ、そういう曲だからこそ、じっくりと、楽譜を「読んで」みましょう。


ピアノに向かうと、ついつい、とにかく弾こう!と思ってしまうもの。


どんな風に弾いているか、どんな風にひいたらいいか、耳を澄ますまもなく、先へ進めてしまってはいませんか?


楽譜をよく「読んで」みると、普段は見過ごしているものが見えてきます。


単純な例では、ピアノやフォルテなどの強弱、スラーなど、見落としていることがありませんでしたか?


その曲をどういう演奏にしたいのか、どういう表現にしたいのか、楽譜を前に考える、いい機会です。



あえて、「弾かない」時間、普段から意識できるといいですね。



ノア音楽教室へのお問い合わせは下記まで。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp

市川市鬼越

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。

ノア音楽教室【子どものピアノコース】

千葉県市川市鬼越駅すぐ! このブログでは、主に子どものピアノ・コースのご紹介をしています。 メインホームページは、こちらです。 http://www.noa-piano.com 大人のピアノコース、コントラバスコースもあります。