ピアノと受験、部活との両立

こんにちは。

市川市ピアノ教室 ノア音楽教室です。


子どものピアノの生徒さんが遅かれ早かれ直面する問題、それは、勉強や学校の活動とピアノとの両立です。


先日、ある生徒さんのお母さまと面談をしました。


受験が迫り、いっぱいいっぱいになってきた

ピアノは辞めたくないと、本人は思っている

でも、現実、ピアノの練習時間が大きく減っている

本人も、そのことを後ろめたく思っているようだ

レッスン回数を減らそうかという話をお子さんとしている

先生はどう考えていますか?


ということでした。


この生徒さんは、とてもまじめなタイプ。

ピアノを習っているのに、練習をあまりできないでレッスンに行く自分が、居心地悪くて、ちょっと苦しいのでしょう。


今年度は受験を控えていることは、わたしも理解していましたが、

夏休みを過ぎたころから、「あれ?!」と感じていました。


今までよりも、あまりピアノの練習をできていないかな、

受験勉強、本格的になってきたかな、と。


そんなことを踏まえながら、

今までの生徒さんの例、わたしの想い、

ピアノと両立させるためにご提案できること、

そうなった場合のレッスンの中身の例など、

お話させていただきました。



ピアノの練習をすることは少なくなっても、

今この時期だからできるレッスンをご提案することもできます


(詳しい例は、またの機会に…)。



もし辞めたら、ほとんどの人は、ピアノから遠ざかります。


やっぱり、よほど好きでないと、レッスンがなくても弾く子は、あまりいないです。


弾かなくなると、弾けなくなります。


弾けなくなると、弾きたい気持ちにならなくなります。



ピアノに向かう時間があまり取れないときは、それなりに細くなっても、ピアノと繋がっていてもらえれば、時期が来たら、また、前へ進むことができます。



もちろん、ピアノを何が何でも続けるべきとは思っていません。


一旦離れて、時期を見て再開する方が良い場合もあるでしょう。


また、ほかのものへの興味が増した場合、そちらをがんばるために辞める、というのも良い決断な場合も多いでしょう。



でも もし、「本当はピアノ辞めたくはないな」という気持ちが少しでもあるならば、

「仕方ない」と辞める結論を出す前に、

ご相談くださるといいなと、思います。


わたし(ピアノの先生)の立場としては、「辞めます」と言われたら、「わかりました」と言うしか、ないです。


わたしから、「こうしてください」と言うことは、できません。


お子さん自身の気持ち、おうちの方の気持ちが大切ですし、教育方針などもあるでしょう。



この生徒さんについても、私からのご提案をもとに、お家でご相談いただくことにしました。


生徒さん自身が、大きな負担を感じないように。




この日レッスンに来た生徒さんご本人にも、わたしからお話ししました。



今は、そういう時期。

練習ができなくても、だいじょうぶ。


ピアノを弾くだけが、上手になる方法ではないからね。




ノア音楽教室へのお問い合わせは下記まで。

090-2650-5470

fumi_music_succ@yahoo.co.jp

市川市鬼越

(京成鬼越駅より 徒歩2分、

総武線本八幡駅・都営地下鉄線本八幡駅・京成八幡駅より 徒歩15分、

総武線下総中山駅・京成中山駅より徒歩9分)

ホームページは、こちらです。

ノア音楽教室【子どものピアノコース】

千葉県市川市鬼越駅すぐ! このブログでは、主に子どものピアノ・コースのご紹介をしています。 メインホームページは、こちらです。 http://www.noa-piano.com 大人のピアノコース、コントラバスコースもあります。